同種・異種金属の接合、積層造形など、金属に関する受注生産 | 金属技研株式会社

the Metal Solution

金属を通して地球を、そして宇宙を考える

the Metal Solution

金属を通して地球を、そして宇宙を考える

the Metal Solution

金属を通して地球を、そして宇宙を考える

分野別導入事例

Case study

業界トップレベルの先端技術で、液晶・半導体分野から航空・宇宙分野まで、あらゆるジャンルにおいて
高度な金属加工技術をご提供いたします。

金属技研とは

What is MTC

トップレベルの金属加工技術で、
トータルソリューションを実現します。

採用情報

Recruit

「技術×人=未来」新たな可能性を切り開きます。

ニュースリリース

News release

2019/06/05
HIP工程にかかるNADCAP認証を取得しましたNew
金属技研株式会社滋賀工場では、特殊工程である熱処理のうち、
Hot Isostatic Pressing(HIP:熱間等方圧加圧法)について、国際航空宇宙産業における特殊工程認定制度である
Nadcap(National Aerospace and Defense Contractors Accreditation Program)の認証を新たに取得しました。

これまでにHeat Treating、Inspection、PyrometryにかかるNadcap認証を取得しておりましたが、
HIPはHeat Treatingに追加される一工程で、主に鋳造品の欠陥除去等の目的で行われます。
HIPにかかるNadcap認証を持つのは、日本では当社のみ、
アジアで3社(当社及び当社関連会社である坂上金属技研(蘇州)有限公司を含む)となります。

金属技研は、いち早くMILスペック(Military Specification)を取り入れるなど、
航空宇宙業界における高い品質基準が求められる分野に挑戦し続けてまいりました。
航空宇宙産業は当社にとって重要分野の一つであり、今回のHIPのNadcap認証取得によって、
さらに多くの顧客要求に応えていきたいと考えております。
2019/04/22
平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。ゴールデンウィーク休業期間について、以下お知らせ致します。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
休業期間:2019年4月27日(土)~2019年5月6日 (月)
ホームページからのお問い合わせ等につきましても7日以降順次対応させていただきます。
2019/04/15
シモダフランジ株式会社は、金属技研株式会社と協働し、NORSOK規格認証を取得しました。
規格の対象は、HIPによるニアネット・シェイプ成形法(HIP-NNS法)にて製造された、最大厚み184.2mmまでのフランジで、当該製法による部品のNORSOK規格取得は日本企業では初めてとなります。
 
2018/12/14
「年末年始休業のお知らせ」
平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。年末年始の休業期間について、以下お知らせ致します。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
休業期間:12月29日(土)~1月6日 (日)
ホームページからのお問い合わせ等につきましても7日以降順次対応させていただきます。



2018/12/11
高靭性タングステン W-TiCの開発がIMSSで紹介
 当社が高エネルギー加速器研究機構(KEK)物質構造科学研究所(IMSS)と共同で取り組んでおります高靭性タングステン W-TiCの開発が、「魔の川を渡り切れ!高靭性タングステン W-TiC 開発中」としてIMSSニュース・成果で紹介されました。
 高融点金属であるタングステンに高い靭性を加えることで、極限環境にも耐え得る付加価値の高い核融合や加速器の部品を製作するために、東北大 金研で培われた技術をKEK 物質構造科学研究所が継承し、当社と共同で再現に成功、 更なる高性能化および実用化・大型化を目指しています。
 こうした次世代金属材料の開発に「平成28年度補正革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」により製作された真空チャンバー、電気炉を組み合わせた新しいタイプの高純度なグローブボックスを活用しています。

技術本部

ページトップへ
ページトップへ