同種・異種金属の接合、積層造形など、金属に関する受注生産 | 金属技研株式会社

Twitter_Social_Icon_Rounded_Square_White.png

linkedin

youtube

the Metal Solution

金属を通して地球を、そして宇宙を考える

the Metal Solution

金属を通して地球を、そして宇宙を考える

the Metal Solution

金属を通して地球を、そして宇宙を考える

ニュースリリース

News release

2021/04/28
ゴールデンウィーク休業期間
平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
ゴールデンウィーク休業期間について、以下お知らせ致します。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
休業期間:2021年4月29日(木)~2021年5月5日 (水)
ホームページからのお問い合わせ等につきましても6日以降順次対応させていただきます。
2021/04/27
5/18 (火) 13:30~ウェブセミナー 拡散接合とは?開催のご案内
MTCが国内保有台数NO.1である熱処理の一種:HIP(Hot Isostatic Pressing)を題材としてウェビナーを開催させて頂きます。
ぜひご参加お待ちしております。

題目:拡散接合とは?~金属技研の接合技術事例紹介~【初級編】
開催場所:Zoom
開催期間:2021年5月18日(火)13:30~14:15 ※申し込み締め切り5月17日(月)
講演者 :清板 恭一

【参加申込】
以下のURLよりご登録ください(30秒で完了します)
https://www.kinzoku.co.jp/webinar03.html/articles/view/00583181/

2021/04/14
J-PARCに設置された当社製「水銀ターゲット容器10号機」が順調に稼働中です
2021/04/01
新聞に掲載されました
3月25日付日刊産業新聞記事内にて大和合金株式会社元受けITER向け部材に関する記事が掲載され、核融合炉向けダイバータ部品が当社の接合技術により製作されたことが紹介されました。
本接合技術は、タングステンと銅合金という熱膨張率の異なる素材 をろう付する技術であり、表面温度が1000℃以上 となる環境下でも使用可能な非常に高度なろう付製品となっております。
金属技研は異種金属接合のエキスパートとして今後も過酷な環境下にも耐えうる金属接合に挑戦していきます。

2021/03/19
加速器ターゲットの材料・製品の共同研究がMaterials Science Forum誌 (Online版) に掲載されました
2021/03/02
電子光理学研究拠点共同利用成果報告会にて講演します
当社社員が、東北大学電子光理学研究センターが主催する2020年度電子光理学研究拠点共同利用成果報告会にて、講演行います。
Zoomにて無料参加が可能です。ご興味のある方はひご参加ください。

日程:3月5日(金)10:45~11:10
講演テーマ:電子リニアックを用いたMo-99/Tc-99m製造の実用化に向けた研究開発
参加方法:zoom
詳細はこちら→ http://lns.tohoku.ac.jp/workshop/symposium2021/articles/view/00583181/



2021/03/01
MRO事業撤退・千葉工場閉鎖のお知らせ
当社は事業環境の変化を踏まえ、2021年2月28日をもってMRO事業から撤退し、千葉工場を閉鎖いたしました。
お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、
これを機に社員一同、皆様の信頼にお応えできるよう努力をしてまいる所存でございます。
千葉工場にお寄せ頂きましたご協力・ご厚情に厚く御礼申し上げるとともに、
何卒ご理解の上、今後ともお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

本件にかかるお問い合わせ先:営業本部 則長(のりなが) 電話03-5365-3035 info@kinzoku.co.jp

分野別導入事例

Case study

業界トップレベルの先端技術で、液晶・半導体分野から航空・宇宙分野まで、あらゆるジャンルにおいて
高度な金属加工技術をご提供いたします。

金属技研とは

What is MTC

トップレベルの金属加工技術で、
トータルソリューションを実現します。

採用情報

Recruit

「技術×人=未来」新たな可能性を切り開きます。

ページトップへ
ページトップへ