同種・異種金属の接合、積層造形など、金属に関する受注生産|金属技研株式会社

the Metal Solution

金属を通して地球を、そして宇宙を考える

the Metal Solution

金属を通して地球を、そして宇宙を考える

the Metal Solution

金属を通して地球を、そして宇宙を考える

分野別導入事

Case study

業界トップレベルの先端技術で、液晶・半導体分野から航空・宇宙分野まで、あらゆるジャンルにおいて
高度な金属加工技術をご提供いたします。

ニュースリリー

News release

2018/07/12
金属技研社員が「若手優秀発表賞」受賞 New
2018年6月29日に開催された「第12回核融合エネルギー連合講演会」にて、当社核融合グループの工藤広信が「若手優秀発表賞」を受賞しました。
本講演会は、将来エネルギーとして期待される核融合エネルギーの利用研究が発展・進捗するに伴い、炉心プラズマ、核融合工学分野など多くの関連分野で相互理解を図ることを目的とした総合的学術講演会です。
工藤は「原型炉に向けた箱型リブ付ブランケット製作概念の検討 とモックアップ製作」というタイトルで発表を行い、「若手優秀発表賞」を受賞するなど、高い評価を頂きました。

‐発表内容‐
核融合原型炉には燃料の自己生産、発電のための熱の取り出し、遮蔽の機能を有するブランケットが必要となります。このブランケットには、炉内の厳しい環境下で、その内部に高温・高圧の冷却水を通水するための高い堅牢性が要求されます。 現在この要求に応えるため、原型炉設計合同特別チームでは、箱型筐体内にリブを設置するブランケット概念の構築が進められていますが、この概念は、その構造の複雑さから一般的な溶接のみでは製作が見通せないことが課題とされてきました。
そこで、本発表では熱間等圧(HIP)処理による拡散接合を適用した製作を提案し、部分モックアップを作製することで内部構造が高い精度で製作できることを実証しました。



エンジニアリング事業本部
2018/06/13
「第15回、日本加速器学会年会」に出展します。
2018年8月7日から10日までの3日間、新潟県の長岡産業交流会館にて、第15回、日本加速器学会年会が開催されます。
金属技研では、展示ブースを出展し、最新のアクセラレータ関連製品について、紹介しております。
皆様のご来場をお待ちしております。
ブース番号:32番



エンジニアリング事業本部
2018/05/15
2018年4月、弊社姫路工場ではPratt & Whitneyの Source Qualification PWA 11/PWA 36950/PWA 36951を取得しました。弊社日本国内の工場では初めての取得となりました。 今回の認証取得を機に、姫路工場をはじめ各工場で、指定スペックの認証取得や処理の拡大、品質向上に向けて益々尽力していきたいと思います。
2018/05/14
日経BP社主催の、テクノロジーNEXT 2018「機械学習×3Dプリンターが自動化する設計 6000の設計案、1000のモデルから人を介さず最適解」にてMTCの積層造形とトポロジー最適化の取り組みついて講演します。
日時:6/14(木) 13:00~13:50
タイトル:金属3Dプリンターの長所を引き出すトポロジー最適化
講演内容:3Dプリンターでは従来の加工法では造れないような形状の部品製作が可能である。この長所を利用し、金属技研は軽量化に優れるなどした部品を提案している。

2018/04/23
ゴールデンウィーク休業のご案内
【ゴールデンウィーク休業期間】
2018年4月28日~2018年4月30日、2018年5月3日~5月6日
※5月1日(火)、5月2日(水)は営業しております。
休業期間中のお問い合わせに関しましては、2018年5月7日(月)以降の連絡になりますので、ご了承のほどお願い申し上げます。


ページトップへ
ページトップへ