同種・異種金属の接合、積層造形など、金属に関する受注生産 | 金属技研株式会社

the Metal Solution

金属を通して地球を、そして宇宙を考える

the Metal Solution

金属を通して地球を、そして宇宙を考える

the Metal Solution

金属を通して地球を、そして宇宙を考える

分野別導入事例

Case study

業界トップレベルの先端技術で、液晶・半導体分野から航空・宇宙分野まで、あらゆるジャンルにおいて
高度な金属加工技術をご提供いたします。

金属技研とは

What is MTC

トップレベルの金属加工技術で、
トータルソリューションを実現します。

採用情報

Recruit

「技術×人=未来」新たな可能性を切り開きます。

ニュースリリース

News release

2019/08/07
「医療機器・設備EXPO」企業展示に出展します。 New
金属技研は、「医療機器・設備EXPO」東京都医工連携HUB機構の共同出展ブースに出展致します。
会場 :幕張メッセ
会期 :2019年10月23日(水)~25日(金)

展示会場では、積層造形を用いたカスタムメイド医療機器及び
汎用医療機器の展示や機器製造時の品質安定に寄与する周辺技術の紹介を行います。
技術スタッフが最新の積層造形に関する概要紹介と当社の医療に関わる取組みを説明致します。
ぜひお気軽にお立ち寄りください。



「医療機器・設備EXPO」企業展示に出展します。

2019/08/02
「第36回プラズマ・核融合学会年会」企業展示に出展します。 New
金属技研は、「第36回プラズマ・核融合学会 年会」企業展示に出展致します。
会場 :中部大学春日井キャンパス
会期 :2019年11月29日(金)~12月2日(月)

MTCが得意とする金属接合技術(HIP拡散接合、ろう付)、最新の金属積層造形技術を展示品を用いてご説明します。
また、パネル展示では、設計、製作の実績をご紹介します。
これらモノづくりの技術を組み合わせたエンジニアリングは、プラズマおよび核融合分野の研究、発展に貢献しております。
ブースには技術スタッフが常駐しておりますので、ご紹介にとどまらず具体的なご相談もお伺できます。
お使いの機器でお困りや課題等がありましたら、是非お声掛けください。
お気軽にお立ち寄りいただき、弊社技術に触れてください。ご訪問お待ちしています。


エンジニアリング事業本部


「第36回プラズマ・核融合学会年会」企業展示に出展します。

2019/07/16
夏季休業のご案内
夏季休業:2019年8月10日~8月15日

誠に勝手ながら上記の期間を休暇とさせていただきます。
休暇期間中のお問い合わせに関しましては、8月16日(金)以降の連絡になりますので、ご了承のほどお願い申し上げます。


2019/07/02
金属技研株式会社(以下、「当社」)は、2019年4月25日、資本参加をおこない、
東北精密株式会社を当社のグループの一員としました。
東北精密株式会社(TSK)は、お客様や各種公的機関のご協力のもと、
金属材料や溶接・接合の技術と最新の加工技術の向上に取り組んでまいりました。
これらの技術は、ものづくりを取り巻く環境が大きく変化する中、
新たな発展を支える基盤技術として期待されております。

今回のグループ化は、金属技研、東北精密双方が持つコア技術と経験を融合することで、
より新しい価値の創造が可能になると考え合意に至ったものです。
今後も高い技術力で様々なお客様のニーズに応えていく所存でありますので、
金属技研及び東北精密をよろしくお願いいたします。

1. 会社概要
  •    (1) 社名
         東北精密株式会社
  •    (2) 本社所在地
         岩手県北上市村崎野22地割83番地13
  •    (3) 設立
         1974年
  •    (4) 役員
         代表取締役社長  濱崎 健
  •    (5) 事業内容
         半導体製造装置の設計
  •      半導体製造装置の組立
         機械加工品製造
         溶接構造部品製造
  •    (6) 従業員数
         205人 (2019年4月現在)
  •    (7) 資本金
         20,000,000円
  • 2019/06/05
    金属技研株式会社滋賀工場では、特殊工程である熱処理のうち、
    Hot Isostatic Pressing(HIP:熱間等方圧加圧法)について、国際航空宇宙産業における特殊工程認定制度である
    Nadcap(National Aerospace and Defense Contractors Accreditation Program)の認証を新たに取得しました。

    これまでにHeat Treating、Inspection、PyrometryにかかるNadcap認証を取得しておりましたが、
    HIPはHeat Treatingに追加される一工程で、主に鋳造品の欠陥除去等の目的で行われます。
    HIPにかかるNadcap認証を持つのは、日本では当社のみ、
    アジアで3社(当社及び当社関連会社である坂上金属技研(蘇州)有限公司を含む)となります。

    金属技研は、いち早くMILスペック(Military Specification)を取り入れるなど、
    航空宇宙業界における高い品質基準が求められる分野に挑戦し続けてまいりました。
    航空宇宙産業は当社にとって重要分野の一つであり、今回のHIPのNadcap認証取得によって、
    さらに多くの顧客要求に応えていきたいと考えております。
    ページトップへ
    ページトップへ