熱処理 | 金属技研株式会社

金属技研

熱処理

熱処理とは?

熱処理とは、金属材料を加熱、冷却することで材料の性質を変え、使用目的にあわせた処理のことです。

金属技研では、1972年に時代に先駆けて真空熱処理炉を導入し、現在では日本国内で最大級の真空炉をはじめ数多くの設備を保有。材料特性を生かした理想的な熱処理に取り組んできました。

熱処理について

金属技研で対応可能な熱処

01. 真空熱処理

部品および素材の溶体化処理、固溶化処理、析出硬化処理、安定化処理、焼入れ、焼戻し、焼鈍、焼ならし、応力除去、焼結、拡散処理など。金属技研では真空炉を43基保有しております。

処理目的
部品の耐摩耗性、耐食性、機械的特性および物理特性の向上。
特徴
無酸化処理であり熱処理後の加工が不要
多室型真空炉で酸化を嫌う金属の熱処理
大型真空炉の保有で、最大2,000mm角の大型部品および大量生産が可能
変形、歪の少ない熱処理が可能
縦型一室式真空炉

縦型一室式真空炉
Φ2,000×3,500H mm

横型二室式真空炉

横型二室式真空炉
380W×610L×300H mm

三室型横型真空炉

三室型横型真空炉
1200W×2000L×900H mm

02. 雰囲気熱処理

部品および素材の熱処理、選択酸化処理、窒化処理、浸炭処理、サブゼロ処理など。金属技研では雰囲気炉を40基保有しております。

処理目的
機械的特性および物理特性の向上。
部品および材料への水素吸蔵。各種雰囲気ガスを利用した表面改質処理。
特徴
活性ガスの水素、非活性ガスのアルゴン、窒素雰囲気中での熱処理が可能
雰囲気熱処理

金属技研熱処理の特

01. 高品質

宇宙・航空機、原子力関連などのスペック適用部品の処理が可能
設備管理、温度管理および特殊工程の維持管理と万全の品質保証体制
Nadcap(国際特殊工程相互認証制度)を滋賀工場と姫路工場、中国現地法人の坂上金属技研(蘇州)有限公司にて認証取得
金属熱処理技能士取得者1級7名、2級98名、計105名(2016年8月31日現在)

02. 経験・実績

創業以来、半世紀にわたる熱処理の実績、過去および最新の技術データベースの保有
高品質が要求される原子力、宇宙・航空、電子機器分野での豊富な処理実績

熱処理の処理

航空機部品 Ti-6Al-4Vの応力除去
航空機部品
Ti-6Al-4Vの応力除去
光学用機器 SUSのNiろう付
マニホールド・チューブ
航空エンジン部品の溶体化・時効処理
導波管
 SUSとCuのAgろう付
静翼
精密鋳造品の溶体化・時効処理

確かな管理システムで高度な品質を保証

品質管理体制
品質管理体制
常に品質管理システムの向上を目指し、ISO9000シリーズの認証や航空業界に関連する認証を取得しています。

お問い合わせ・資料ダウンロー

ページトップへ
ページトップへ