コア技術 | 金属技研株式会社

コア技術

トップレベルの金属加工技術でトータルソリューションを実現

発想は何もないところから始まります。その発想を生かし、確かな製品へと変えるのは技術です。
その技術を可能にするための道具として、最新鋭設備があります。
金属技研では、常に新しい発想を確かな技術と最新鋭設備を合わせた力でチャレンジし続けています。

ろう付溶接
HIP
熱処理
成形機械加工
検査解析・分析
積層造形

HIP

粉体の加圧焼結、仮焼結体の高密度化、鋳・鍛造品の内部欠陥除去など。世界最大の装置を含む18台のHIP装置を擁し、高度な技術革新を進めています。

HIP
HIPとは?
HIPでできること
適用分野・適用材料
金属技研のHIPの特長
HIP処理加工例

熱処理

真空熱処理、雰囲気熱処理など。高品質が要求される原子力関連や宇宙・航空関連などをはじめ、高度な熱処理をご提供いたします。

熱処理
熱処理とは?
金属技研で対応可能な熱処理
金属技研熱処理の特長
熱処理の処理例

ろう付/溶接

精密部品や積層構造体、大面積・大型部品のろう付も可能。また、レーザー溶接・TIG溶接など各種溶接にも対応しています。

ろう付/溶接

積層造形

電子ビームやファイバーレーザーを用い、複雑な形状や強度の高い金属などの難しい成形を可能にします。

積層造形
積層造形 (Additive Manufacturing)とは?
金属技研の強み
積層造形事例サンプル
設備
紹介Movie

成形/機械加工

超塑性成形(SPF)による曲面を自由に組み合わせたデザインの製作、EL加工(オイルレス加工)や総削り出し真空チャンバー製作などに対応します。

成形/機械加工
超塑性成形(SPF)とは?
超塑性成形の特長
金属技研の強み
超塑性成形の活用用途
SPF加工例イメージ

検査/解析・分析

豊富な検査、解析/分析装置を用いて、試作および実機製作まで一貫した製作が可能。常に信頼に応え得る最高の品質をご提供しています。

検査/解析・分析
検査の特長
解析の特長
分析の特長

業界トップレベルの先端技術を保有する金属技研の工場

工場紹介
工場紹介
日々新しい手法や仕組み、材料の創出に取り組み、最新の機械設備の拡充など積極的な設備投資にも力を入れています。

お問い合わせ

03-5365-3035

03-5365-3055

メールでのお問合せは
下記ボタンよりお進み下さい。

資料ダウンロード

  • 会社案内
  • 技術案内(日本語)
  • 技術案内(英語)
  • HIP装置設備一覧
  • ろう付け可能組合せ材料
  • Capability List
  • 積層造形概要
ページトップへ
ページトップへ