技術情報 | 金属技研株式会社

日本加速器学会賞 特別功労賞を受賞

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第16回日本加速器学会の学会賞において当社常務取締役土屋将夫が特別功労賞を受賞致しました。
業績は、「加速器真空エンジニアリングと社会展開」。前職時代から38年もの長きにわたり加速器に関わる仕事に従事し、日本の加速器の発展に企業側から貢献したことが評価されました。
日本加速器学会は、加速器科学・加速器技術およびこれ等に密接に関連する学問の進歩発展を図ることによって社会に貢献することを目的として発足した会員約900名を有する権威ある学術団体です。
当社常務取締役土屋将夫は、2010年エンジニアリング事業本部を創設し、当社において新たな事業を始めました。
スーパーKEKBやJ-PARC、SPring-8、その他の加速器施設に数多くの製品を納入し多くの実績を積み上げてきました。現在もカスタムメイドの電子照射線装置の開発を手掛け、“お客様のイメージを形にすべく”これからもチャレンジし続けます。

・詳細については加速器学会HP https://www.pasj.jp/award.htmlをご参照ください。

・当社のエンジニアリング事業に関しては、当社HP https://www.kinzoku.co.jp/engineering.htmlをご参照ください。

・当社のエンジニアリング事業納入実績製品に関しては、
当社HP https://www.kinzoku.co.jp/media/tag/kasoku
https://www.kinzoku.co.jp/media/tag/fusion をご参照ください。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ
ページトップへ