品質管理体制 | 金属技研株式会社

Twitter_Social_Icon_Rounded_Square_White.png

linkedin

youtube

the Metal Solution

金属を通して地球を、そして宇宙を考える

the Metal Solution

金属を通して地球を、そして宇宙を考える

the Metal Solution

金属を通して地球を、そして宇宙を考える

ニュースリリース

News release

2022/06/29
「インターモールド名古屋」に出展しますNew
金属技研は「インターモールド名古屋」に出展します。

当日は積層造形品(AM)や超塑性成形品(SPF)のサンプルなどを展示予定です。
当社社員もブースにおりますので、ご質問などもその場で対応いたします。

日時:7月6日(水)-9日(土)
会場:ポートメッセ名古屋
ブース:まんてんプロジェクト 3-841内
インターモールドは事前登録で入場料(3,000円)が無料になります。
下記より展示会サイトより、事前登録の上お越しください。

https://www.intermold.jp/nagoya/

当日お会いできることを楽しみにしています。



2022/06/17
ウェビナー「HIPニアネットシェイプ工法とは?」のご案内New
金属技研では定期的に無料のウェビナーを開催しております。
今回のウェビナーではサステナブル社会を見据えて「既存工法からの脱却」、「材料低減のアイディア」をテーマに、
HIP装置やHIPによるNNS(ニアネットシェイプ)工法についてご紹介します。
皆様のご参加お待ちしております。

日時:2022年7月12日(火)13:30~14:30
場所:Zoom
講演者:塩川 豊人

【参加申込はコチラ】
https://www.kinzoku.co.jp/webinar9.html



2022/06/07
当社社長が「雪嶺賞」を受賞し、母校で記念講演を行いましたNew
6月4日(土)に開催されました北海道科学大学の同窓会「雪嶺会」において、当社社長の長谷川数彦が社会で活躍している卒業生に贈られる「雪嶺賞」を受賞しました。

受賞に際して講演の機会を頂き、自身の来歴や当社の概要、仕事への向き合い方などを語っております。

YouTubeチャンネル「雪嶺会_北海道科学大学・北海道工業大学同窓会」内に記念講演のアーカイブ動画がUPされています。
ご興味ありましたら是非ご覧ください。
2022/05/16
「技術開発本部」の設立記事が新聞に掲載されました
5月10日発行の日刊工業新聞に、当社の技術開発本部を設立に関する記事が掲載されまし た。 取締役の宇野へのインタビュー形式の記事となっており、設立の意図や目的などが分かり やすく書かれています。

記事は下記リンクよりご確認ください。
https://www.kinzoku.co.jp/dcms_media/other/Gikaibookestablishmentarticle.pdf
(日刊工業新聞社から著作権の利用許諾を受けています)

また、下記リンクには過去に掲載された当社に関する記事がまとまっております。ぜひ合わせてご覧ください。
https://www.nikkan.co.jp/jm/kinzoku
2022/04/28
採用サイトの内容を拡充しました
この度、当社の採用サイトの内容を大幅拡充いたしました。
当社社員へのインタビューや役員の対談記事、さらには教育体系、福利厚生といったコンテンツも新たに公開しております。
ぜひ私たちと一緒に働きませんか。

皆様からのエントリー心よりお待ちしております。
https://www.kinzoku.co.jp/recruit.html



2022/04/27
サステナビリティ(SDGs)に関する取り組みを公開しました
当社は、経営理念「環境を大切にし、人を大切にする」のもと、社会を支える幅広い産業分野において、ソリューション提供をし、よりよい未来に向けた活動を行ってきました。

今後も、技術革新に取り組むことで、環境負荷を低減しつつ、社会に貢献してまいります。

是非、ご覧ください。
https://www.kinzoku.co.jp/sustainability.html



2022/04/22
論文「Nuclear Material and Energy」に掲載されました
当社役員及び社員が群馬大学櫻井浩教授他と共著で発表した論文が「Nuclear Material and Energy」Volume 31, June 2022, 101171に掲載されました。

核融合炉に使用されるF82Hという金属を、HIPで接合した時の接合界面の健全性を、非破壊検査(NDT)で確認する手法として、高エネルギーX線スペクトル分析手法を確立したことを論じています。

論文はこちらから閲覧可能です。
https://doi.org/10.1016/j.nme.2022.101171 /articles/view/00583181/

HIP工法にかかる課題ついて、今後も取り組んでまいります。

分野別導入事例

Case study

業界トップレベルの先端技術で、液晶・半導体分野から航空・宇宙分野まで、あらゆるジャンルにおいて
高度な金属加工技術をご提供いたします。

金属技研とは

What is MTC

トップレベルの金属加工技術で、
トータルソリューションを実現します。

採用情報

Recruit

「技術×人=未来」新たな可能性を切り開きます。

ページトップへ
ページトップへ