Bonding of metals, Heat Treatment, and Additive Manufacturing/ Metal Technology Co. Ltd.

Metal Technology Co. Ltd.

加速器用完全非磁性セラミック真空槽(Completely non-magnetic ceramic vacuum chamber for accelerator)

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

製品概要

X線自由電子レーザー施設SACLAにて使用するセラミック製真空槽で、真空槽内部は電子ビームが走る軌道です。完全な非磁性の製品です。


製作技術

製品寸法は、全長約830mm、セラミック部外形寸法は、18mm×80mm×718mm。
セラミック部断面は10mm×33mmのレーストラック形状のビームが通る空間となっています。セラミックは高純度のアルミナ。
 従来のセラミック真空槽は、Mo-Mn法にてコバールなどの金属とろう付などにより真空槽が形成されていたため、完全な非磁性ではありませんでした。
 本製品は、端部のICFフランジを除き、磁性のある金属やろう材、コーティング材を一切使用することなく組立てました。

エンジニアリング事業本部


Product details

A ceramic vacuum chamber to be used as part of the X-ray Free Electron Laser facility SACLA. The inside of the vacuum chamber is the orbit for the electron beam. The product is completely non-magnetic.


Production details

Product dimensions: total length 830mm, outer dimensions of ceramic part 18mm×80mm×718mm. The racetrack geometrical cross-section of the ceramic part which the beam passes is 10mm×33mm. Alumina of high purity has been used as ceramic. Until now ceramic vacuum chambers were not completely non-magnetic as the chambers were formed through brazing on kovar and other metals using the Mo-Mn process. Apart from the ICF flanges at both ends, no magnetic metals, brazing or coating material have been used on assembling this product.

Engineering Division

 

 

 

 

  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Contact us & Document download

Go to page top
Go to page top