エンジニアリング | 金属技研株式会社

金属技研

エンジニアリング

設計段階から参画し、一貫したモノづくりを実現

金属技研では、主にエンジニアリング事業本部にて設計を行っています。お客様のご要求内容にもとづいて、エンジニアが設計を行い、その設計の妥当性をFEM解析やモックアップ試験などによって検証し、仕様書や図面にします。
その後、当社各工場で所有している製造技術(材料選定、機械加工技術、熱処理・表面処理技術、接合技術など)を駆使して製品を完成させます。

【これまでの実績】
エンジニアリング事業本部では、加速器と核融合分野の国家プロジェクトに関わる数多くの製品の設計製作を担当してきました。J-PARCの中性子実験に使用される装置や国際熱核融合実験炉(ITER)に使用される装置などが代表です。その他、大学の実験装置関係では、XMASS実験に使用される機器などを担当しました。

エンジニアリングについて

機能的にリンクされた万全のネットワーク

金属技研のエンジニアリング事業は、エンジニアリング事業本部を中心になって、いくつもの工場と連携し、それぞれ得意な製造技術と結びついて、製品が産み出されていきます。
そして、それらの製品が、お客様を通じて社会貢献に寄与するものと考えています。

設計段階から参画し、一貫したモノづくりを実現
設計段階から参画し、一貫したモノづくりを実現

エンジニアリング事

加速器代表例

【製品名】衝突点ビームパイプ

製品概要

製品概要

日本の素粒子物理学実験を牽引する巨大加速器であるSuperKEKBにて使用される複雑な構造を持った真空チェンバーです。この加速器は電子と陽電子の衝突型加速器で、電子と陽電子が正面衝突する最も大切な部分に本製品は据え付けられます。本製品の中心部は衝突により発生した新たな粒子が透過しやすいように物質量の小さい薄肉のベリリウムを使用しており、冷却のため二重構造とし、その間に冷媒が流されます。両端部には他の場所から飛んでくるノイズとしての粒子などが検出器に入らないように物質量の大きいタンタルを使用してノイズをシールドしています。電子と陽電子は浅い角度で交差していますので、この2つの軌道を通すために両側が二股構造になっています。

核融合機器代表例

【製品名】電子サイクロトロン共鳴加熱(ECH)用ミリ波広帯域偏波器

製品概要

製品概要

量子科学技術研究開発機構(QST)、茨城大学(三枝研究室)、当社の3者による共同研究を行い、超伝導トカマク型プラズマ核融合実験装置JT-60SAのECH(電子サイクロトロン共鳴加熱)に用いられるメガワットレベル対応の「ミリ波広帯域偏波器」を開発しました。

今回開発に成功したミリ波広帯域偏波器は、プラズマを加熱するための大電力ミリ波(周波数:110GHz、138GHz)を高効率で伝送でき、かつ回転可能な反射型回折格子付きの金属ミラーによって、任意の偏波を生成してプラズマに入射することができます。

本共同研究前に開発されたプロトタイプ型と比べると、熱損失を50%以下に低減するとともに、約4kg減の小型軽量化、また冷却効率の向上が達成できました。

医療代表例

【製品名】ターゲットなど

製品概要

製品概要

加速器を用いたがん治療装置に使用する各種ターゲットの開発を一部担当しています。
ターゲットとなる金属を、必要に応じ切断、熱処理、接合等の処置を行い、使用するに当たっての要求条件を満足する構造を設計しターゲットとして完成させます。まだ、試作開発中のものもありますが、お客様のニーズを達成できるように対応しています。その他、医療機器メーカー向けの部品や機器にも対応しています。

実験装置代表例

【製品名】XMASS実験用PMT支持容器

製品概要

製品概要

本製品は、Newton5月号(2010年)に写真が掲載された東京大学宇宙線研究所 神岡宇宙素粒子実験施設に納入しました当社担当のXMASS実験用PMTホルダーです。材質は、無酸素銅を用い、宇宙線による放射化を防ぐため、溶解後90日間で製品として完成させました。

エンジニアリング事業本部が活用している
FEM解析プログラ

ANSYS Mechanical

構造解析、熱解析:外力・自重および熱の条件を与えた構造解析に活用

ANSYS Mechanical
ANSYS Mechanical

MARC

 

非線形領域での構造解析:SPF(超塑性加工)のシュミレーションや高温での構造解析など非線形領域に活用

MARC
 engineering-08_2.jpg

ANSYS CFD

 

流体解析:流体の流れを見極めて設計に活用

ANSYS CFD
ANSYS CFD

ANSYS Maxwell

電磁力解析:過渡現象を含め電磁界中の外力を求め、構造設計に活用

ANSYS Maxwell
ANSYS Maxwell

金属技研の技術を活用した新製品・研究開発

技術情報
技術情報
熱処理、溶接、解析・分析など金属技研の有す技術を結集し、新しい製品や研究開発に取り組んでいます。

お問い合わせ・資料ダウンロー

ページトップへ
ページトップへ