射出成型機用シリンダー | 金属技研株式会社

金属技研

射出成型機用シリンダー

導入背景

  • 成形用樹脂原料に、ガラス繊維が含有する材料が増えて、鉄系シリンダーが摩耗して交換頻度が増えた。また、外周は溶射にて施工できるが、内面の施工は難しい。

当社からの提案

  • 当社のHIP処理により、内面に耐摩耗性に富んだ特殊粉末を使用して、焼結と接合を同時に処理することを提案した。
射出成型機用シリンダー

導入効果

内面に特殊粉末がライニングしてあるので、摩耗が少なくなり、交換頻度が減り10倍長持ちするようになった。

お問い合わせ・資料ダウンロー

ページトップへ
ページトップへ